トップ › 後遺症の症状

後遺症の症状

交通事故では、一般的に首部やその周辺の「打ち身」「捻挫」「骨折」「頭部外傷」などがあります。その中でもっとも代表的なものが「むち打ち症」。「むち打ち症」は、その日はほとんど症状が出ず、翌日あたりから様々な症状が出ることが多く見られます。

この「むち打ち症」は、「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」とされ、頚部周辺の筋肉や靭帯の炎症で、数ヵ月後に完治するものもあれば、「変形性頚椎症」「頚椎神経根症」「頚椎椎間板ヘルニア」など末梢神経に障害を残すものもあり、3 ヶ月を経過しても症状の改善がなかなか見られず、四六時中、首筋・背中の違和感、肩こり、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振などの後遺症を残してしまう場合もあります。

「むち打ち症」の痛みというのはご本人以外にはその痛みや苦痛の程度がわかりにくく、時には仮病扱いされることなどもあり、「むち打ち」の症状以外にも精神的な苦痛を伴うこともしばしばありますので、交通事故の時点で外傷や自覚症状はなくても、
放置せずに、とくかく早期発見、早期治療、完治までの通院をお勧めします。

治療院の紹介
院長.gif

吉本接骨院

呉市警固屋1−15−45

(0823)28-0360

あいさつ ・営業時間 ・アクセス

院長.gif

宮迫接骨鍼灸院

呉市仁方西神町5-3

(0823)79-1756

あいさつ ・営業時間 ・アクセス

院長.gif

蒲ん原接骨院

呉市音戸町波多見5−16−1

(0823)52-1717

あいさつ ・営業時間 ・アクセス